本ページにはプロモーションが含まれます。

お金

スポンサーリンク
お金

社会保険料は安くできるけど派遣をしているだけでは難しい

社会保険って高いですよね。 これってどうにかして安くならないものか?って思いませんか。 安くなりますよ~お客様w ただ、びっくりするような金額ではないのが残念なところ。 しかし、それは派遣だけで考えるからなんです。 ある意味では社会保険が安くなる方法というのが副業だったりするんですね。
お金

住信SBIネット銀行の便利なサービス「目的別口座」ってどんなの?

最近見た動画で「へぇ~そんなんあるんやぁ」と思ったのが、住信SBIネット銀行の目的別口座。 これは、代表口座1つと目的別口座を5つ作れるというもの。 今までは、2つという思い込みもあって結構驚きましたし便利だと思いました。 使い方はいろいろとあると思いますが、目的別口座を使ってみたいと思ったらチェックしてみてください。
お金

高配当株が人気だけど、なんで高配当株は高配当になるのか?

高配当株を始めてみたいと思っています。 ランキングやら配当性向やら見ながらも、勉強しつつ知識を蓄えている状態。 で、ココが気になるになったのは「なんで高配当なん?」という部分。 知っている人からすれば当たり前のことでも、そうでもない人には何でかがわからない(私の事w) なので、自分なりの答えを見つけてみました。 高配当が何で高配当なのかを少しでも理解しておけば、投資の際も参考になるはずなので。
スポンサーリンク
お金

高配当株を選ぶ時に気になった配当性向やPBRって何の事か調べてみた。

高配当株に投資をしてみたい欲望はあるものの、イマイチ、何を基準に高配当株を選べばいいのかわからないんですよね。 なので、両学長の動画の中で高配当株ランキングの紹介をしていますけど、両学長が選んだ株は「どこを見ているのか?」が気になりまして。 でも、その前に高配当株の「配当性向」や「PBR」からあまり理解してないので、少しは理解してから次に進んでみようと思います。
お金

リスク許容度ってなに?高い低いを決める基準は?

リスク許容度について書いてみようと思います。 「リスク許容度が高い」というのは、一体どう高いのか?基準は?という部分が解らない状態でした。 ただ、リスクは危険という意味なので、「危険を許容する度合い」となるので、なんとなくぼんやりと理解したつもりになってしまいます。 ですので、例えを交えながらリスク許容度とは何を意味する言葉で、高いとか低いというのはどういった判断基準でそうなるかも解説できたらと思います。 この記事では、株式投資などにおけるリスク許容度について書いて行きます。
お金

5つの力を自分に当てはめて分析してみる【貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う】

豊かなお金持ちになりたくて、毎日動画を見て勉強し知識をつけようとしています。 そんな中でも、「5つの力」は無くてはならない力だと知りました。 ですので、今の私の状況はどんな状況で何が足りないのかを把握するために、この5つの力に当てはめて私自身を分析してみようかと思います。
お金

株とは何か?初心者でもわかる基本的な仕組みと基礎知識入門

株とは?ということを、初心者の方で基本的な仕組みを知りたいと思っているなら、読んでいただけると参考になるかもしれません。 この記事では、株の基礎知識を食べる方の「かぶ」を使って解説してみようと思います。 出来るだけ、わかりやすく解説しているので「それはどうだろう?」という点も見受けられるかもしれません。 とりあえず「株ってこんな感じなんだよ」という事を理解してもらいたいので、その辺りはご了承いただければ幸いです。 では、「株の仕組みをかぶで解説」行ってみましょ~
お金

簿記とファイナンシャルプランナーが気になる2つの資格

簿記とFP(ファイナンシャルプランナー)の2つの資格は、私が今一番気になっている資格。 どちらも、経営やお金に関することを理解するために必須と言える資格になってます。 今後、個人事業主として事業主にもなりたいので、この2つの知識は忘れずに持っておきたい。 試験を受けるかどうかは未定ですけど、資格を持っている方が説得力も変わってくるでしょうから、資格は持っておいた方がいいですね。
お金

固定費の見直しをしたら固定費はどれだけ下がったのか?

固定費の見直しをはじめました。 以前、記事にしたので私も実際にやってみようとなりまして。 食費は削りたくないわがままな人なので、だったら他にも削れるところがあると、スマホ代を含む通信費と家賃について、見直しを進めようと思います。
お金

固定費と変動費を確認し見直しをして身軽になろう

固定費の見直しは、お金が貯まらないという人が最初に取り組むことで、効果が一番大きいと言われています。 タイムセールで安く買うよりも、10円安い遠くのスーパーよりも、効果は高い。 小さな穴を塞ぐよりも大きな穴から塞いだ方が、水漏れは止めやすい。 節約も大切なことだけど、より効率的にしたいなら、固定費の見直しをしてきましょう。
スポンサーリンク