国勢調査オンラインで回答済ませてきました

雑記
スポンサーリンク

国勢調査を終わらせておきました。

オンラインの回答も可能なので便利になりました。

今の時代、封書よりもオンラインの方が圧倒的に回答率も上がるんじゃないですかね。

スポンサーリンク

国勢調査オンラインしてきました

前回から、届いた書類を放置してました。

忘れてたといったほうがいいかなw

で、思い出したのでついでに記事にしておこうかと。

一石二鳥!

国勢調査オンラインは、書類にも書いてますけどスマホでもQRコードを読み込めば回答可能になってます。

パソコンで回答する場合は「国勢調査オンライン」で検索するのが一番早い。

国勢調査オンラインのページ

https://www.e-kokusei.go.jp/html/portal/ja/top.html

↑ここから飛べばもっと早いですw

では、早速ログインと行きましょうか。

書類に書かれてある

・ログインID
・アクセスキー

で、ログイン。

アクセスキーはログインID入力後にポップアップ表示?されます。

で、その後表示されている質問に回答してくだけ。

実に簡単。

国勢調査オンラインが異常に早く終わったと思う

国勢調査オンラインのおかげもありますけど、これまでよりもものすごく簡単にしかも早く終わったように感じました。

名前や住所とか、どこでも聞かれるような事を抜きにすると変わった事と言えば「仕事」に関して。

これが、異常に早く終わったと感じた原因だと思う。

一定期間の間に「仕事してた?」みたいな質問があります。

今現在、私は無職の状態なので「仕事してませんよー」って回答になる。

そうなると、仕事先の事や仕事の内容などを回答する必要がなくなるわけです。

なるほど。

どうりで早いわけだw

オンラインで最近思う事

国勢調査オンラインを無事に終了しました。

で、国勢調査に関わらずオンライン上の事で気になる事があって。

「セキュリティ」

これ。

何か事件が起きる度「今回の事例を受けまして…」という決まり文句のあと、たいがい「セキュリティ強化のため」になりません?

その挙句、ユーザー側の負担が増える。

2段階認証とか。

これって、自らのサービスの質が低いって公言してるのと同じじゃないかと思ったりするんですよね。

いや。そりゃ設備投資とかいろいろお金がかかるのは解りますし、それ相応の知識や技術も必要でしょう。

けど、「そこはサービス提供側がもっとセキュリティに関して強化してくんないと」って思ったりするんです。

無茶な事いってるかもですが。

じゃないと、こういのって「イタチごっこ」なんで、いつのまにやら「5段階認証」とか言い出すんじゃないかと思ってw

そういうのを解決する一つの手段としても「マイナンバー」だったりするんじゃないんかい!

なんて事も思ったりします。

けど、それが出来たら苦労しない。

そんな感じなんでしょうけどね。

まとめ

国勢調査オンラインしてきました。

何だかゲームでもしてきたような感覚ですが、ほんと最近はオンラインで解決できることが多いですね。

それだけ便利になってますけど、その逆もしっかりと考えておかないといけないんじゃないかなぁとか考えてしまったりしました。

タイトルとURLをコピーしました