本ページにはプロモーションが含まれます。

正社員ではなくなぜ派遣を選んだのか?私が派遣を選んだ理由

派遣
スポンサーリンク

派遣として働き出してから10年以上が経っています。
その間に、正社員になることを考えたことはないんですよ。

私にとっては普通のことだと思いますが、周囲の目はそうじゃないことが少なくありません。

なんでそこまで正社員ではなく派遣を選んだのか?
派遣で働き続ける理由を書いてみようかなと思います。

スポンサーリンク

なぜ派遣を選らんだのか?

なぜ派遣を選んだのか?と聞かれれば「正社員になりたくないから」なんですよね。
元々、性格が怠け者というのも大きな理由かもしれません。

責任を負いたくない。

そんなところもあるでしょう。
ただ、きっかけというのもありまして。

少しだけ書いてみます。

10年以上前の話ですが、正社員として金属加工をしていました。
当時は30歳手前ですし、体力も気力も今とは比べ物にならないぐらいに元気でした。

その会社では、生産管理も含めてそこそこの仕事を任されるほどになってたので、今の私なら「たいしたもんだ!」と、言ってあげられるでしょうw

ところが、ある時から下痢が収まらないようになって、仕事が手につかなくなってきたんですよね。

しばらくしても収まらないので、病院に行き検査をしたら即入院。
カメラで見たら腸の炎症が酷いって。

潰瘍性大腸炎の可能性あり。
原因はわからない。

潰瘍性大腸炎でも、頑張って通常通り働いている方もいますが、私は「気にしぃ」な性格なので、ストレスがどんどん溜まり余計に悪い方向へ行ってしまいました。

もう、うつ状態にもなってたのでちょっとヤバいなと自分でも自覚してました。
ですので、1か月の病気休暇をもらう事に。

でも、原因もわからないので治療のしようがないって、辛いですよ。
1か月休んだところで治る訳もなく、自宅療養中も体調不良のまま。

こんな状態が2年続きました。

30歳手前にして「お漏らし」するなんて思ってもなかったです。
今では笑って話せますけど、当時はマジで辛かったです。

一歩手前でした。

それでも、なんとか復活しようと踏ん張っていた時に事件が起きました。

こういう状況で、会社で受けた仕打ちというか、相手にしたら「叱咤激励」だったのかもしれませんが、そんな風に取れる余裕が当時の私にはなかったんです。

仕事をしていてもそうでなくても、トイレに行きたくなる上に食べても出る状態だったので抵抗力も落ちていたのでしょう、よく風邪もひきました。

そんな中でも「周りに迷惑はかけられん、踏ん張らな」と思って、会社にいくものの仕事はこなせてもトイレに行く回数が多くて。

そこで言われた言葉が「おまえがおったら(居たら)士気が下がる」でした。
終わった事なので今更どうこう言いませんが、当時は怒るよりも悲しくなりました。

また、体調を崩して会社に行けるほどじゃないと思って連絡したら「みんな忙しいのに休むんですか?」と。

「あぁ、俺がおったらこの会社の迷惑になるんやな…」そう思いましたし、いくら本人が頑張ってやってもその程度の存在でしかなかったんだと理解したんですよ。

そう考えたら、正社員で働いているのがばからしくなってしまいましてね。
もちろん、すべての会社がそうだと思ってません。

優しくされたかっただけなのかもしれません。

ただ、当時の私が受けたショックは、この時ほど大きなものはなかったんです。

幸い、その後しばらくして原因もわかり、無事完全回復しました。

しかし正に「病み上がり」な状態だったので、体調不良が続いたのと、病気の回復が遅ければクビだったと知りましたし、会社に残る意思もなかったので退職したんです。

私が派遣を選ぶ理由はこれがきっかけです。
派遣なら、ある程度都合で休み易いですし「派遣やし」と、あきらめもつきますので。

念のために言いますけど、派遣だからといって仕事で手抜きはしたことありませんよw
たまに休むというのも手抜きと言われればそうかもですが。

正社員にならない理由

正社員にもう一度なろうと思わない?と何度か聞かれましたけど答えは「ノー」です。
正直、トラウマになってますので。

それに、持ち合わせた性格が「残業が嫌い」というのも大きいです。
最近は、派遣でも普通に残業が当たり前みたいなってますけどね。

私の考えでは、社員の手が回らないことを手伝うのが派遣だったりアルバイトだったりします。

派遣社員っていうぐらいですから、その辺は私も考え直さないといけないかもしれません。

その分、高いとは言えない給料で雇用するわけですから、会社も考える必要はあると思いますけど。

また、派遣だからといって仕事をするのは一緒という考えを押し付けすぎたのも、今回の「同一労働同一賃金」が施行される要因の一つなんじゃないかと個人的に考えたりします。

それに、今は「風邪」をある程度見直してる会社もあるようですが、私が勤め始めた頃は「気合が足りん!」でしたからね。今でも見かけますけど。

あれ、おかしくないですか?
気合で仕事しにいって、周りにうつして皆が倒れたら誰が責任とるの?って感じです。

私は、社員の時もそうですけど、派遣で一つの現場を任されていた時は、「風邪をひいたら会社に来るな」って言ってました。

決して、風邪を引いた人を思いやってのことではなく、周りにうつすことのが迷惑だからというところが私らしいんですけどね。

話を戻します。

正社員にならないのは、トラウマがきっかけというのもあるんですが、もう一つの理由は「文句を言ってしまう」こともあるんですよ。

我慢すればいいことでも、つい言っちゃう。
だから、上司にはあまり好かれない(好かれたくないけど)

こんな性格なので、社員になってもイチイチ気に入らないところが目につくわけです。

だったら「自分が社長になってみろ」と誰かに言われたような自分で思ったような。

そんなところから「起業」を考えだしたんですよ。
別に社員だからといっても、起業した人たくさんいます。

でも、私は今から社員になるつもりはないんですよ。
年齢的にも厳しいでしょうし、そんなにスキルもない。

なので、起業するための時間も確実に確保したいという思いから、正社員にならないんですよ。

休日出勤なんて絶対しませんからねw

いかがです?
怠け者が全開でしょw

派遣に向いている人

派遣に向いている人っているのかな?
自分で書いておいて思いますw

けど、私の様にとにかく周りと合わないとか、つい文句が先に出てしまう。

起業したい。

そんな理由がある人にとっては、派遣もそうですがアルバイトでもいいと思います。

「勤めている会社の社長になるんだ!」

難しいかもしれませんけど、可能性があるのならそれもありだと思いますので、そんな人は今の会社で精一杯頑張ってください。

とはいえ、同一労働同一賃金も施行されることですし、大きな変化はないと思ってますが、「派遣で働こうかなどうしようかな?」という場合は、しばらく様子見を含めて、現状維持するというものいいのではないでしょうか。

なにかの参考になれば幸いです。

まとめ

なぜ派遣を選んだのか?を私なりにいい訳してみました。
これって、どんな事を言っても結局いい訳なんですよね。

ただ、それが後悔になると具合悪いですけど、後悔していないのであれば問題ないかと思ってます。

一度切りしかない人生「でも、だって、たら、れば」なんて言ってても始まりませんし、何より面白くないじゃないですか。

それだったら、こうと決めたら貫きゃいいんですよ。

誰かが言ってました「白を黒と言い続ければ黒になる」ってw
他人にとらわれず、自分の信じる道を進めって感じじゃないでしょうか。

結局のところ、最終的に自分が行きたい目標に近づけば、途中経過はどうだっていいと思ってるんですよね。

タイトルとURLをコピーしました