【成り上がり日誌4】思ってたんとなんか違うことになった…

成り上がり
スポンサーリンク

仕事にも慣れて来たような気がしてきた今日この頃なんですけど、「なんかちゃうなぁ」と思う部分も見えて来たりしています。

おまけに、待ちに待っていた両学長の本も手元に届かなかったり…。

私が悪いので仕方ないとは言え、ストレスの溜まる一週間となりました。

スポンサーリンク

仕事の教え方って難しい

新しい仕事について3週間経ちました。
仕事の流れも理解してきて、ボチボチと作業も出来てきたように思います。

そんな中、ちょいと不満の残る出来事が起きまして。

私のした仕事が間違っていたのが、そもそも問題ではあります。
そこに関して言い訳するつもりはありません。

次の仕事に活かします。

で、不満というのは教え方。
当日出荷するものがあり、初めての作業をして初めて出荷する。

この場合、作業がわからないのでわかる人に聞いて作業をする。
出荷の仕方もやり方があるだろうからもちろん聞いてから出荷の準備をする。

たぶん、ここまでは間違いないやり方だと思う。
判らない事は自分で判断でして進めても、よい方向にはいかないので聞く。

そこから経験として覚えて行き、自分で判断する力も養える。
そういう考えを持ってます。

ところが、聞いても「それでえぇんちゃう」と見て確認はしてくれない。

「えっ、それでいいのん?」と思いちゃんと見てもらおうとしたけど、その人はすでに別の作業の真っ最中。

で、出荷の仕方も聞いて準備も出来て後は出荷を迎えるだけとなった時に、現場のリーダーが「確認した?」と聞いて来た。

もちろん、確認は取ってるけど「それでえぇんちゃう」と言われているのでOKだと思ってます。

でも、実際に見てもらってるわけではないのでリーダーが出荷準備の整った商品を開封。

「なんで開けんねん!」が正直なところw

その結果、私のした仕事はきちんと出来ていない事が発覚。

「なんで見てもらわんかったんや」と。

確かに、おっしゃるとおり。

たまたま、開けて確認して間違いがわかったからいいものの、このまま出荷してたらクレームにもなりかねない。

当然、私もそう思いました。

まして派遣でもあるので、きちんとした仕事をしてたとしても日も浅いから確認してもらうのは当たり前だというのもわかってる。

なので、今回のミスはすべて私の責任だと理解したつもり。

けど。

一つだけ言いたい。

「ちゃんと確認してくんない?」と。

その会社にいる人すべてが、私が入って間もないと理解しているはず。
まして、仕事ははじめての事だというのも理解してるんじゃなかろうか?

だったら、「確認してください」と言った時に、きっちり確認してください。

と、言いたい。

結局のところ「間違えるからあかんねん」になるから何も言わなかったけど、もう少しあつかましく確認してもらうようにしようと思った話でした。

両学長の本が届きませんでした

こちらも私のせいなんですけどね。

昨日、発売となった「本当に自由を手に入れる お金の大学」

発売されると知ってから予約してワクワクしてました。

でも、届かないんだなぁ~これが。

配達屋さん忙しいんかな?

と、楽天で確認してみると、どうやら私が使っている「デビットカード」が決済不能になってたようで。

楽天からそういった類のメールは迷惑フォルダにも入ってなかったので、「どうゆうこと?」と思って電話しました。

すると、予約段階では一時預かりの状態で発売確定後に本決済となるので、本決済の際に利用不可だから出荷できない。

と説明がありました。

なんじゃそりゃ…。

って思ったけどデビットカードしか使えない私がいけないので、どうすればいいかと聞くと、一度キャンセルすれば返金されるとのことなので、キャンセルしました。

Twitter見てても「届いたよ~」というのをチラホラ見てたので、ちょっと残念。

仕方ないね、自分が悪いんだから。

なんか思ったんと違う…。な、一週間でした

気持ち切り替えて行きます~。

タイトルとURLをコピーしました