初めての配当獲得と優待案内が来たぁ~!

お金
スポンサーリンク

少しづつ。

ほんの少ーしづつで始めている、ネオモバイル証券の高配当株投資。

スタートしてからしばらく経ちますけど、ようやく配当と優待というものを体験できました。

もちろん、配当額は少なく今すぐ優待でどうこうっていうのはありませんけど、続けることが大事だと深く思いました。

スポンサーリンク

配当を初めて獲得しました

株式投資で人生初めての配当金を獲得しました。

銘柄は、いいのかわかんなかったのでとりあえずモザイクw

で、配当金額は「21円」

現在保有している資産額は「1万2千円」ほど。

まぁ、小さい小さい。

そんな額です。

けど、この初配当が嬉しくて仕方ない。

もしも、株式投資をしていなかったら貰えてない訳ですし。

散歩してたら、もしかしたらもっと多くのお金が見つかったかもしれません。

それでも、この「21円」は大きな意味があると思ってます。

これで投資終了っていうのなら、「意味なかった…」と思ったかもしれませんけど、まだまだこれから可能な限り投資を続けて行きたいと考えているので最初の1歩になりました。

単純計算でいくと、1万2千円で21円の配当だから。

21万円の配当金を貰おうと思えば、1億2千万必要…。

と、なってしまいますけどw

こう考えると、高配当株なんかは若いうちから始めるといいよなってつくづく思います。

続けていれば、資産はどんどん積みあがっていきますし、その間にもポートフォリオの見直しなども含めてメンテしていけば、少なからず何もしなくても収入を得ることが可能になるわけです。

こういう情報というのも以前に比べ、YouTube動画なんかで公開されているってのが凄い。

私が、株式投資を知りお遊びでしていた頃は、こういった情報はほぼ公開されていなかったように思う。

あっても怪しいものだったり。

また、株を購入することに関しても、それまで100株単位でしか買えなかったものが、ネオモバイル証券のような証券会社が出てきたことによって、より身近に感じられるようになりました。

焼肉デザイン

ほんとに、ちょっとの投資でちょっとの幸せを感じていますw

そのおかげかして、これまでの証券会社もいろいろとサービスを打ち出して来たりで、より使い易く身近になってきたと感じています。

ただ、サービスが増えた分「どこのどれがいいの?」ってなると思うんですけども。

そういうのも書籍で学ぶも良し。YouTube動画などでお気に入りのユーチューバーを見つけて、真似してみるとかもありです。

私は個人的に、両学長の動画でかなり学ばせてもらってます。

■YouTube

両学長 リベラルアーツ大学
「今よりも一歩自由に!」をテーマに、 IT経営・投資家の両🦁(リベラルアーツ大学学長)が、人生を豊かにするために必要な知識を配信中! 🎓 お金にまつわる基礎教養(貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う の5つの力) 💖 心を豊かにする考え方・人生論 を節約・投資・トレンドの話題などと絡めて、初心者にも分かりやすく解説して...

■書籍

書籍も購入して、できるところから真似てそれ以外は徐々にという感じです。

こんな具合に、今までよりも「お金」に関する知識や方法はかなり学べるようになりました。

だったらしっかりと見て学んで取り入れてってしないともったいない気がするんですよね。

知らないから搾取される。

この言葉「ドラゴン桜」でも似たような言葉があったような気がします。

優待券が届きました

こちらも、銘柄は今のところは伏せておこうと思います。

こういうのは公表しても大丈夫なのかな?なんて不安がまだあったりでw

以前に見た動画で「1株でも優待が受けられる」というのを見まして。

興味が出たので、どの銘柄が良いか一応吟味した上で1株購入。

この企業は配当もそこそこあるみたいなので、将来的に買い増しできそうかなと思ったので購入してました。

そしたら、優待券が届きました!

ほんとに1株しか保有してないのに優待が受けられる!

という事を、実感した瞬間です。

ただ、優待を受けられるサービスがあんまり興味のないものだったり、近場で受けられるサービスがなかったというのもありました。

この辺りは、今後考えないといけない部分ですね。

でも、実際に1株保有でも同じように、優待が受けられるのかどうかを知りたかったので充分参考になりました。

株価も大して大きくないですし、お試しにはちょうど良かったです。

まとめ

高配当株に株式優待。

どちらも、知っていたつもりでも実際に配当金や優待を受け取った事がなかったので、どんな具合に手に入るのか?を実感できずにいました。

それでも、ここ最近の便利なサービスによって気軽に少額で体験が可能になっています。

ですので、いきなり資産を投げうってまでとは思いませんが、自分の許せる範囲内で楽しみながらもじっくりと続けていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました